老人

postheadericon医療と福祉

言語聴覚士は、言語や聴覚に障害を持つ人たちに対して、障害緩和の手助けをするものです。

作業療法士と言語聴覚士の求人業種は似ております。
それは、身体が動くようになって次の段階でのリハビリである点です。
一般的な求人は、大学病院や総合病院の施設内になります。
あるいは、リハビリ専門病院やリハビリセンターからの求人もあります。
近年増えている医療と福祉が連携する老人保健施設などからの求人もあります。

ケア

postheadericon指導

従って、手芸や工作、絵画や音楽、将棋やゲートボールなどで、
生活活動は食事や着替えや排せつや入浴といった日常動作の方法をリハビリを指導・援助するものです。

リハビリテーション

postheadericon作業療法士の役割

作業療法士のことを英語で、オキュペイショナル・セラピスト、通称otといいます。
言語聴覚士のことをスピーチ・セラピスト、通称stといいます。
これに理学療法士が加われば、リハビリ資格の代表者が揃うことになります。
言語聴覚士が法律で国家資格とされたのは1997年のことですし、作業療法士などもまだ30年程度の歴史しかありませんので、一般の消費者にはわかりずらいところがあります。

従って、手芸や工作、絵画や音楽、将棋やゲートボールなどで、生活活動は食事や着替えや排せつや入浴といった日常動作の方法をリハビリを指導・援助するものです。

服を着せてもらう

postheadericon有利に

言語聴覚士は、まだまだ資格を持っている人が少なく、求人でも大変有利になる資格です。
作業療法士や言語聴覚士は、主に病院や介護施設などから多く求人が出ています。
どちらの資格も大変就職には有利な資格となっています。
給料は、だいたい20万円前後で出ており、資格手当てが付くこともあります。
取得することが難しい国家資格だけに、求人で応募すれば早く就職することができるかと思われます。
高齢化が進む今、非常に有利な国家資格であります。
求人も多く出ているので、就職しやすい職業と言えるでしょう。

まつば杖

postheadericon人に役立つ仕事の求人

作業療法士とは、医療従事者の一員であり、リハビリテーション職と称される資格の一つであります。
厚生労働大臣の免許を受けて取得する国家資格であり、「作業療法士」の名称を用いて、医師の指導の下に作業療法を行います。
作業療法士になるためには、専門の養成学校を卒業し、沙魚療法士国家試験に合格する必要があります。

言語聴覚士も作業療法士と同じく、医療従事者の一員であり、リハビリテーションの専門職となる国家資格のひとつです。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930